ビジネスチーム

​相続税申告のポイント

相続税の申告業務には高い専門性が必要です。相続税は税理士によって納税額が変わります!

最大限の節税

​税務調査対策

 
 
ポイント1.jpg

相続税申告は、どの税理士でも同じではありません。桂田税理士事務所では最大限の節税を実現します。節税には様々な特例やポイントがあり、税理士によってその評価が異なることもあるのです。当事務所の代表は、税理士試験の相続税法に合格した数少ない税理士として、相続税対策、相続税申告を専門としている為、金融機関などからの依頼も数多くございます。

通常税務調査は、申告内容の不明点や疑問点、申告漏れ財産が存在する可能性等を総合的に勘案して、調査を行うかどうかを決めます。この税務調査により指摘を受けた場合、なんらかのペナルティが課せられます。そこで桂田税理士事務所では「書面添付制度」を導入しています。これは申告時に事前に税務調査でチェックされそうな事項について税理士が税務署に対して説明を行うことになります。申告書に添付する資料の作成の工夫や税理士法の書面添付等、質の高い申告書を作成しております。これにより、税務調査が省略される事もあるのです。

相続税対策、資産活用

期限管理の徹底

 
 
ポイント3.jpg

当事務所では相続税を専門に取り扱う税理士事務所だからこそ、相続税対策、資産活用の御提案に自信を持っております。相続税の経験が少ない税理士事務所に相続税対策を行う事は出来ません。当事務所では、豊富な経験と知識で、まずは相続税のシュミレーションを行い、相続税対策の御提案を致します。勿論、納税資金の確保も考慮した御提案を致しますので、相談者様に喜んで頂いております。

ポイント4.jpg

相続税の申告期限は相続が発生してから10か月という短い期間。税金を納付する期限や進捗状況など、お約束させて頂いた期限内での作業実施を徹底しております。相続税申告のための作業を早く終えることで、余裕をもった遺産分割協議の話し合いや、相続税の納税資金の準備を行うことができ、その後の相続手続きを円滑に進めることが可能となります。遺産相続では、期限や時効がある手続きもあります。うっかりしていると権利を失ってしまうこともありますので、まずは相続税申告を円滑に進めることが必要です。

​最新鋭機器で調査

最新の知識

 
 
ポイント5.jpg

土地を評価する際には、現地調査を行い、減額要因の有無を確認しますが、その際にも最新鋭の機器を使用しています。陰地割合や無道路地など、相続税の専門税理士しか評価出来ない事もあります。相続税申告作業において、「土地の評価」は特に重要な作業の一つ。担当する税理士によって、評価額に大きな違いが生じることも珍しくありません。

最新の税制改正情報や、個別事案、外部セミナーの情報をもとに、最大限お客様の税金が少なくなるように節税の提案を行います。相続税は土地評価や名義性財産の判定、税務調査対応等、税理士であっても実務で経験しなければ習得が難しい論点が数多くあります。日々スタッフ全員の知識の研鑽を心がけています。