【司法書士の先生専用】遺産分割協議書の重要性


滋賀県大津市のおごと温泉駅前で開業している桂田税理士事務所です。

相続が発生したら、まず相続人間で遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成します。

その後、遺産分割協議書の内容に従って、遺産分割を行い、登記などを行います。

その後、相続税の申告に流れていくというのが一般的な相続の流れになります。


多くの場合、相続発生から登記までは司法書士の先生が行われ、税理士は、遺産分割協議後に御依頼頂く事が多々あります。


しかし、御注意頂きたいのは、遺産分割協議書の記載内容で、相続税の税額が変わったり、

贈与税が課税されてしまったりするケースがあります。


税金の事は税理士なので、司法書士は関係ないと思うのが常識なのですが、最近では司法書士の先生に依頼人から「何故、教えてくれなかったのか?」と責められる場面を見る事があります。


まず、依頼人の方に知っておいて頂きたいのは、司法書士の先生は登記のプロであり、税金のプロではないので、司法書士の先生に税金の過多を言うのは筋違いです。しかし、我々士業の常識は、一般の人から見れば非常識という事もあり、どの仕事がどの専門家なのかを正確に知る一般の方がどれくらいいるでしょうか。


税金の世界では、事実認定で争いになる事が多々あります。その事実認定は、遺産分割協議書の記載内容が重要な意味を持つ場面が多々あります。


司法書士の先生が作成された遺産分割協議書を見て、この財産は記載しないと駄目なのになとか、こう記載しないと贈与として認定されてしまう可能性があるなと思うモノも多々ありました。


桂田税理士事務所では、相続税の専門の税理士事務所として遺産分割協議書の税務面をクリアした記載方法や分割方法を司法書士の先生に御提案する事が出来ます。


また、一次相続のみならず、二次相続も踏まえた分割方法も、正確な資料を桂田税理士事務所からお出しします。その相続税評価を行った資料を元に、相続人との遺産分割協議を行う事も出来ます。そうする事で、依頼人の方への遺産分割の説得力を高めたり、強いては司法書士の先生自身の事務所の付加価値として、その資料を使って頂く事も出来ます。


ただの遺産分割協議書と侮るなかれ、その遺産分割協議書のチェックを税務面から精査する事で、司法書士の先生の業務の税務リスクを最大限に払拭する事が出来ます。


当事務所の税理士は、元国税不服審判所の税理士先生の元で実務をしていたので、あらゆる相続税や贈与税の税務調査例、判例などに精通している為、豊富な知識により、税務判断を行う事が出来ます。そういう部分の評価を多く頂いてる事から、金融機関からの相続案件も多くあります。


是非、相続案件の発生した場合は、当事務所に御質問下さい。

司法書士の先生の御期待に沿った形で、ベストな遺産分割方法、記載内容を御提案致します。


滋賀の相続税専門の税理士事務所、桂田税理士事務所を宜しくお願い致します。



#遺産分割協議書


#税金#坂本#相談#相続税#相続税対策#税理士#相続税専門#税理士事務所#大津京#滋賀#滋賀県#大津市#堅田#仰木#大津駅#雄琴#相続税シミュレーション#桂田税理士事務所#贈与#贈与税#資産税対策#石山#唐崎#瀬田#草津市#栗東#相談無料